Home   GOALS 目標

GOALS 目標

英語

英語を自由に話せるようになる為には、様々な方法がありますが、ピタパタ・プリスクールではネイティブの英語を生で聴き、直接触れる事が最も大切だと考えています。

特に小さな子どもの場合、単語や文法を憶えるよりも『音』を聞き分ける能力をつける事が重要です。

この、『音』を聞き分ける能力は、子どもが音楽を憶えるプロセスと似ています。

ピタパタ・プリスクールでは『言葉』と『音楽』関連性に着目し、言葉を聴くだけでなく、感じ、自ら表現する過程の中で英語を身に着けるレッスンを行っています。

日本では、本当は英語を話す事が出来ても、恥ずかしかったり、周りと違うから、と大きな声で話す事が出来ない人も多くいます。

しかし、ピタパタ・プリスクールの子ども達が将来、英語でコミュニケーションをとる場面に出会った時、彼らは胸を張って大きな声で話す事が出来るはずです。

なぜなら彼らは新たな出会いの大切さ、楽しさをピタパタ・プリスクールで学ぶからです。

私達が目指すのは、その楽しさを伝える事です。

音楽

世界中の多くの人々の幸せの為に、音楽はかけがえの無いものです。

しかし、技術の進歩によって手軽に音楽に触れられるようになった反面『生の』音楽に触れる機会はずっと減ってしまいました。

ある研究によると、子どもの時に生演奏に触れる機会が多いほど、大人になった後も『生の』演奏に足を運ぶことが多くなるそうです。

子どもの情操教育、英語のリスニング能力の習得にとって、音楽はとても重要な役割を果たしていると言えます。

ピタパタ・プリスクールでは、様々な音楽、楽器を見たり、聴いたり、触れる(食べるのはダメ!)体験を子ども達に提供する事を目指しています。

その音楽体験プログラムである『ミュージック・トゥゲザー』は単なる学習のためのメソッドではありません。

言語についても英語を主体としていますが、様々な国、文化の違いを音楽として体で感じ、自ら表現する事によって、子どもの音楽性の基盤を作り、国際的な視点や異文化に対する興味、関心を育てる事を目的としています。

※音楽性の基盤とは

Music Togetherでは基礎的音楽能力として、

1)音程正しく歌える
2)正しいリズムで体を動かすことができる
3)自国の文化の音楽を無理なく楽しむことができる

の3つを定義としています。子どもの言語発達は、やさしく話しかけたり、子どもの発する音を真似してあげたりする温かいことば豊かな環境の中で自然と支えられていくのと同じように、音楽性の基盤は音楽づくりの豊かな親子のふれあいの中で自然に養われます。

この音楽性の基盤は将来楽器を習ったり、ダンスレッスンを始めるために必要な大切な基礎となります。

ENGLISH

Pitter Patter Preschool believes that there is much more than studying behind becoming a fluent English speaker.  Of course, it takes a lot of hard work however, especially at a young age, PPP believes native English exposure through varied experiences is the most important approach when entering the world of English. Just like any school, PPP cannot provide its students with all those experiences, therefore PPP’s focus remains in music. PPP believes that English, just as any language, is a series of sounds, similar to music. Through play and song, children can retain these sounds and move forward on their English journey.

MUSIC

PPP’s other goal is to expose children to many different types of music and musical instruments. PPP believes music is an essential element to a human being’s happiness and well-being, and therefore must be promoted in schools, businesses and everyday life. Since the advent of radio and with the increasing use of technology, many people no longer buy records or CDs and even fewer people go out and listen to live performances. For a child, live music is crucial. Young children may not even understand that the music they are listening to on CD, on TV, or in a restaurant, was once a musician playing that music. Research shows that children exposed to a variety of music at a young age are more likely to go to live music when they are adults. PPP aims to provide children with those musical experiences.

PPP is also thrilled to be able to offer the internationally-recognized, early childhood music program, Music Together. PPP loves that Music Together introduces children to many different genres of music, as well as music from many different countries/culture. Not only is this beneficial to a child’s musical progress but this allows children to be exposed to many different cultures.  PPP believes this can give them an international perspective which. in turn, could inspire a child to further their English studies.